Tokyo Anime Business Accelerator事業情報発信WEBサイト

東京都

講師紹介

海外ビジネスセミナー
セミナー講師

数土 直志

アニメーションジャーナリスト

アニメーションに関する報道・執筆に従事。2004年に「アニメ!アニメ!」を設立、国内有数の情報サイトに育成。主な執筆実績に「デジタルコンテンツ白書」(共著)、「アニメ産業レポート」(共著)、『誰がこれからのアニメをつくるのか?中国資本とネット配信が起こす静かな革命』(星海社新書)等。

Chris Rose

Vice President of Production and Development, Nickelodeon International /
Vice President of Production and Development, VIS KIDS

Nickelodeon InternationalとVIS KIDSの社内外のアニメーション開発・制作チームの責任者を務める。また、Nick Toons、Nickelodeon、Nick Jrの新規IPの発掘と開発に加え、Nick Internationalのオリジナルアニメーションコンテンツの制作にも携わり、全世界の短編アニメーションプログラムに関わるマネジメントを行う。

井股 進

バイアコム・ネットワークス・ジャパン株式会社
代表取締役社長

世界最大級のユース向け音楽&エンターテインメントブランド「MTV」と、キッズ&ファミリー向けエンターテインメントブランド「ニコロデオン」の両ブランドの日本における運営全般を統括。また、番組販売、デジタルメディア、コンシューマープロダクツを統括し、モバイルやOTTなどの新たなビジネス領域の成長に取り組んでいる。

土居 伸彰

(株)ニューディアー 代表取締役

ニューディアー代表・新千歳空港国際アニメーション映画祭アーティスティック・ディレクター。インディペンデント作家の研究や世界のアニメーション作品を紹介する活動に関与。株式会社ニューディアーを通じて、日本作家の作品の国際共同製作や海外作品の配給を行う。プロデュース作に『マイエクササイズ』(ゲーム)、『不安な体』(短編アニメーション)など。

風早 完次

グイダ合同会社 プロデューサー / カルチャーコネクト代表

東映アニメーション(株)において海外ライセンス責任者を務めるなど、海外企業とのコンテンツ交渉の経験が豊富。内外のアニメーション産業に精通。東映アニメーション退職後、Culture Connectを設立。また、グイダ合同会社プロデューサーとして、アニメーションを中心とするコンテンツの国際業務に携わる。

Antony Gusscott

Creative Director, Sprinkles on Top

世界中で40を超えるアニメーションシリーズに携わってきたクリエイティブコンサルティング会社Sprinkles on Topのクリエイティブディレクター。コンテンツのレビューを専門とし、クライアントと協力してバイブル、ピッチの作成・指導、プリプロダクションの指導等によってシリーズの海外展開の支援を実施。ASEAN地域とヨーロッパ地域の市場間取引を形成してきた。
Kidscreen summitではBrain Pick-creativeでメンターを担当。

鮎貝 義家

ライター、プロデューサー

ディズニー、カートゥーンネットワークなどでプロデューサーとして『スティッチ!』の他、数々の作品に参加。2011年に香港移住をきっかけに本格的にアジア太平洋地域発のオリジナルコンテンツ企画制作に専念。その後、2019年までNetflixのファミリー向けオリジナル作品の製作を担当。現在シンガポールを拠点にアジア太平洋地域のスタジオと様々な作品の企画開発・制作に従事する。

海外プレゼンスキル向上ワークショップ
ワークショップ講師

海部 正樹

WOWMAX カンパニーズ代表・映像プロデューサー

日本と米国で映像製作とサウンドプロダクションの事業拠点を持つWOWMAXカンパニーズの創業代表。アニメ『現実主義勇者の王国再建記』や米国アメコミ作家スタン・リーとの合作アニメ『ヒーローマン』をはじめ50本以上のアニメ、映画、テレビ番組をプロデュース。海外のスタジオファイナンサーやメディアバイヤーへのピッチ経験も豊富である。引き続きWOWMAXプロデューサーチームのリーダーとして日本国内外でアニメ、映画、TV番組の企画開発と製作準備を精力的に牽引している。
また、メディア・コンテンツアナリストとして日米のメディアや企業、政府、地方自治体など多様な組織と北米コンテンツ市場と流通のトレンドを「デジタルコンテンツ白書」(デジタルコンテンツ協会)の「海外動向:アメリカ」や各種講演等で継続的に成果を発信している。

堺 三保

文筆家/翻訳家

テレビアニメのSF設定や脚本の仕事を多く手掛けており、近作には映画『プロメア』、同『ニンジャバットマン』、テレビアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』、同『ISLAND』等がある。関西大学工学部及び南カリフォルニア大学映画芸術学部卒(共に修士)。

伊藤 整

株式会社プロダクション・アイジー プロデューサー

在学中にエンタテインメントファンドに携わり、その後、実写映画作品に参画。『おおかみこどもの雨と雪』に参加したことをきっかけにスタジオ地図入社。『バケモノの子』、『未来のミライ』では、アソシエイトプロデューサーとして海外展開など、事業全般を担当。2019年よりプロダクションI.Gに移り、『GREAT PRETENDER』などを担当。

今泉 裕美子

グイダ合同会社 代表 / 株式会社ツクリエ 顧問兼エグゼクティブプロデューサー

広告代理店を経て、映画製作・配給、コンテンツファンド等に従事。株式会社ツクリエにて東京都のコンテンツビジネス特化型創業支援施設・東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)、東京都STARTUP HUB TOKYO、ファッション系イデタチ東京インキュベーションマネージャーなど起業相談やアクセラレーションプログラムの等のメンターを務める。2020年にグイダ合同会社設立。

風早 完次

グイダ合同会社 プロデューサー / カルチャーコネクト代表

東映アニメーション(株)において海外ライセンス責任者を務めるなど、海外企業とのコンテンツ交渉の経験が豊富。内外のアニメーション産業に精通。東映アニメーション退職後、Culture Connectを設立。また、グイダ合同会社プロデューサーとして、アニメーションを中心とするコンテンツの国際業務に携わる。

Antony Gusscott

Creative Director, Sprinkles on Top

世界中で40を超えるアニメーションシリーズに携わってきたクリエイティブコンサルティング会社Sprinkles on Topのクリエイティブディレクター。コンテンツのレビューを専門とし、クライアントと協力してバイブル、ピッチの作成・指導、プリプロダクションの指導等によってシリーズの海外展開の支援を実施。ASEAN地域とヨーロッパ地域の市場間取引を形成してきた。
Kidscreen summitではBrain Pick-creativeでメンターを担当。