Tokyo Anime Business Accelerator事業情報発信WEBサイト

東京都

2017年度 出展者・出展作品紹介

スプリンパン 前へすすもう!

スプリンパン 前へすすもう!

あらすじ

「スプリンパン 前へすすもう!」ピーターパンに憧れる元気いっぱいの12才の女の子スプリンパンは、気品あふれる王子様だったという緑色の三角形の姿をした山どんやキザなリンゴのリーダーと出会い、空を飛んでダンスを踊ってとびっきり楽しい旅をする。女の子は旅の過程を楽しむもの。どんなことがあっても前へ進むスプリンパンの、明るくて元気一杯の物語。アイリッシュダンスやバレエなどのダンスが歌と融合したエンタテインメントアニメーション。

コメント

どんな時でも問題を解決する方法はある。その方法を見つけることができる。それがこのアニメが発するメッセージです。国際的にアピールできる魅力に日本の雰囲気をとり入れた『スプリンパン 前へすすもう!(英題:Sprin' Pan Let's go forward!)』は、夢を実現し前向きな姿勢で物事に取り組むことの大切さを教えます。世界の伝統的な踊りを紹介することで、世界の子供たちの興味を刺激し、家族みんなで楽しんで踊れるようになります。

クレジット

スプリンパン 前へすすもう!

監督・原作・脚本(歌詞):井上ジェット
ミュージカル制作チーム:戸田有里子、井上ジェット
アニメーション制作:CGCGスタジオ

出展者プロフィール

CGCGスタジオHD株式会社

CGCGスタジオHD株式会社

CGCG スタジオHD(株)は、デジタルコンテンツのプロデュース、企画/制作を行い、CGCG スタジオ(株)の親会社として2009年に設立されました。
CGCGスタジオHD(株)では、3DCG及びアニメーションの制作、VRやゲーム等のデジタルコンテンツ制作・開発を行っており、モーションキャプチャー撮影・処理業務においては14年の歴史があります。 近年より、オリジナルコンテンツの開発にも取り組んでいます。

お問い合わせ

CGCGスタジオHD株式会社
井上尚樹
info@cgcgstudio-hd.co.jp
03-5937-5556
http://www.cgcgstudio.co.jp/

FANTASTIC WORLD

FANTASTIC WORLD

あらすじ

“FANTASTIC WORLD”の舞台である地殻の下にある奇妙で廃れた国、シャンバラに少年ビコとDNAを共有する相棒=歯ちゃんが暮らしていたが、殺戮AIのクマによる原因不明の攻撃を受けた後、2人は思い切って外の世界へ旅に出ることを決意する。道中で出会った、恋するロボットであるユマの頼みで、彼女の外部記憶装置を遠くで暮らす相手のロボット・オウミに届けることとなった。その旅路には想像を絶する世界が待ち受けていたが、スリリングな冒険の日々は、2人の絆を深めて行くのだった。

コメント

マンガ「FANTASTIC WORLD」は、変化に富む世界や共感出来る可愛らしいキャラクター、エキサイティングな冒険が盛り込まれたSFであり、アニメーション化による大きな可能性を秘めています。同時に、水資源問題、戦争による難民、人工知能の感情、共通理解の探求など、重要なテーマも内包しています。「FANTASTIC WORLD」は東西のアニメーション観をつなぐミッシングリンクであり、十代以上のあらゆる世代にアピール出来る作品です!

クレジット

FANTASTIC WORLD

原作・漫画:ひらのりょう
編集・出版担当:関谷武裕(リイド社)
プロデューサー:谷川千央(FOGHORN)
公開時期:未定

出展者プロフィール

有限会社クー(FOGHORN)

有限会社クー(FOGHORN)

映像制作会社クーは音楽・ゲーム業界を中心にMV、フェス映像、情報・チャート番組、アニメーション、VRプロジェクト等をプロデュースしています。またASIA CENTER等の公的機関と共にクリエイターの国際交流活動にも積極的に参画しています。株式会社コーズサッチとの協業によるFOGHORN制作部にて、作家・クリエイターエージェント業務、更にそこから生まれた作品のアニメーション化のプロデュースも行なっています。
所属するひらのりょう氏は短編アニメーション作品「パラダイス」にて2014新千歳空港国際アニメーション映画祭で国内グランプリを受賞し、同じく奥下和彦氏は「報道ステーションOPアニメーション」でグッドデザイン賞を受賞(2011年度)しています。有限会社クーではひらの氏作のコミック「FANTASTIC WORLD」のアニメーション化のプロデュースも行っています。

お問い合わせ

有限会社クー(FOGHORN)
谷川千央
tanikawa@foghorn.jp
03-3746-9968
http://www.coo.st/hottest.html

Red Ash

Red Ash

あらすじ

遺伝子にナノマシンが組み込まれ、特殊能力を有する「ナノ種(ナノレース)」が、普通の人間「ピュア種 (ピュアレース)」に管理、差別されている未来社会。
赤い灰に変わる「レッドアッシュ」の能力を持つ、ナノ種の少年ベックは、ピュア種になる手術費用を稼ぐため、メカニックの気弱な男タイガーと一緒にパラレルマシンで旧世界へ飛ぶ危険な仕事に従事していた。そんなある日、謎の二人組サファリ & ストライプに追われる少女コールがベックらの前に突然押し掛けてきて、一緒に歯車世界へ跳ぶ羽目に。
そしてコールを仲間に加え、彼らの冒険は、様々なパラレルワールドを舞台に展開する。

コメント

「Red Ash」は遠い未来を舞台に繰り広げられる、アクションSFアドベンチャーです。STUDIO4℃が、初のフル3Dアニメーションで、新しい映像表現に挑みます。

クレジット

Red Ash

監督・CGI監督・撮影監督:佐野 雄太
脚本:大河内 一楼
キャラクター原案:STUDIO4℃ RedAsh チーム
キャラクターデザイン:今中 千亜季
美術監督:金子 雄司
音楽:Koji Nakamura
キャスト:梶 裕貴/森脇 陸三/内村 史子
アニメーション制作:STUDIO4℃

出展者プロフィール

Beyond C. Co., Ltd. [STUDIO4℃]

Beyond C. Co., Ltd. [STUDIO4℃]

アニメーション映画を主軸とし、短編、TVシリーズ、MV、ゲーム映像、立体映像やプロジェクトマッピング、VR等、ジャンルを問わず様々な映像製作を手掛けます。更に近年では、「UTOPA」「REDASH」「ブルーハート」等、多彩なオリジナル企画を展開。海外との共同製作にも力を入れています。
「マインド・ ゲーム」では文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞、毎日映画コンクール大藤信郎賞、カナダ・ファンタジア映画祭にて6部門を受賞。映画「鉄コン筋クリート」では、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞。また、ニューヨークの現代アート美術館 MoMAでの上映を始めとし、ブリュッセル国際アニメーション映画祭(ベルギー)長編アニメーション部門グランプリ受賞、フューチャーフィルムフェスティバル(イタリア)で審査員特別賞受賞、ファンタジア映画祭(カナダ) 長編アニメーション部門 金賞受賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭 (スペイン)アニメーション部門 特別賞受賞。このほかにもアニー賞、カンヌライオンズ銀賞、クリオ賞を受賞するなど、国内外で評価の高い作品を多数制作しています。

お問い合わせ

Beyond C. Co., Ltd. [STUDIO4℃]
井ノ口 歩
inoguchi@studio4c.co.jp
0422-50-0440
http://www.studio4c.co.jp/

メッカニクル

メッカニクル

あらすじ

「メッカニクル」の主人公はメカニコという中学二年生の男の子。体が小さく、内気で大人しく、大きな眼鏡をかけているが、メカニコのことを弟のようにかわいがってくれるネルのことが大好き。ある日突然現れたマグマグ団にネルが攫われてしまう。実はネルの体の中には、本人も知らない『ルオタシティーの秘密』につながる重大な“パーツ”が隠されていた。メカニコは恐くても、勇気を振り絞り、ネルの奪還を心に誓う。そして、ネルを助けるべく冒険が始まります。

コメント

アクション、アドベンチャー、ロマンスがたっぷりと盛り込まれた「メッカニクル」は、大好きな人を守りたい、助けたい、という純粋な思いから生まれる勇気や心の成長を、シンプルかつ寄り添うように描いていきます。ネルに対する愛がメカニコに恐怖を乗り越える力を与えてくれます。登場人物に感情移入することで視聴者自身がメカニコたちと共に成長する感覚を体験できるような作品にしたいです。

クレジット

メッカニクル

監督・脚本・キャラクターデザイン・絵コンテ・背景美術:木村真二
アニメーション・コンポジット:坂本拓馬
タイトルアニメーション:古性史織
編集:奥田浩史
音楽・音響制作:池頼広
音響効果:坂口由洋
プロデューサー:大塚学
クリエイティブプロデューサー:淡輪雄介
ラインプロデューサー:アンドリュー・アプトン
制作:MAPPA

出展者プロフィール

株式会社MAPPA

株式会社MAPPA

東京にあるアニメーション企画・制作会社で、テレビアニメ、映画、CM、Webムービー等、アニメーション映像に関わる全てのジャンルにおける企画・制作をしています。
また、海外展開を視野に入れ、世界で通用する作品作りを目指しています。

制作を手掛けた「この世界の片隅に」は、キネマ旬報ベスト・テン第1位 (2016年度)、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞 (2016年度)するなど、非常に高い評価を受けています。

お問い合わせ

株式会社MAPPA
アンドリュー・アプトン
〒166-0015 東京都杉並区成田東5-42-18 池下アネックスビル3F
03-5913-7941
http://www.mappa.co.jp/mappa_e/index.html